電気と電装とコンピュータの魚沼電子

テレビは2Kから4K8K時代へ

  

~そろそろ準備始めませんか?~

  

  

  

 2018年12月1日より新4K8K衛星放送がスタートしました。

 これにより、既存のハイビジョン(2K)映像に加えて、更に高精細で臨場感あふれる4K、8K映像をご家庭で楽しめるようになりました。

  

(http://www.apab.or.jp)出典:一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)

  

  

 4Kの解像度は2K放送の4倍にあたる約829万画素、8Kでは16倍にあたる約3300万画素の映像を視聴することが可能です。色の再現が広範囲になることでより肉眼で見た印象に近い映像が描写されます。

  

 新4K8K衛星放送は、BS・110度CS放送で従来使用されている放送波(右旋円偏波の電波)と、新しい放送波(左旋円偏波の電波)で提供されます。

  

  そのため、これまで市販されていた2K放送のアンテナは右旋円偏波の電波にのみ対応の製品で、新4K8K衛星放送のすべてを受信することはできません。新4K8K衛星放送の全ての番組を視聴するためには右左旋どちらにも対応したアンテナが必要です。

  

  

  

  

 新4K8K衛星放送は、BSデジタルハイビジョン(2K)とは異なる規格で放送されています。

 新4K8K衛星放送を視聴するには、この新しい規格に対応した受信機(テレビ、チューナーなど)が必要になります。そして、この受信機には、新4K8K衛星放送に対応する新たなCAS(ACASチップ)が使用されているため、お使いの機器や施工の状況によっては新4K8K衛星放送対応アンテナへ交換することや、分配器、分波器、ブースター、ケーブル等の交換が必要になる場合があります。

  

(http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/4k8k_suishin/bs_how-to.html)出典:総務省

  

 2020年東京オリンピックに向けて新4K8K放送をご覧になりたいお客様がいらしたら、当社へご相談ください。交換が必要な機器を確認させていただき、見積もり・工事等対応させていただきます。

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

コメントは受け付けていません。

COUNT

ページ先頭へ

LAST UPDATE - 2019/08/23 - 本サイトの画像・記事の転載はおやめください
Copyright © 2000-2019 電気計装コンピュータ株式会社 魚沼電子 All rights reserved.